六本木ヒルズ、リスザル、お漏らしがデフォ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

六本木ヒルズの展望台に行った。

DSC_0013

ガラスがとても綺麗で、ちょっと怖いくらいによく見える。なんか気持ち悪くなってくる。

DSC_0015

「Google Mapsみたい」と思うのは逆な気もする。こんだけビルがあって全部持ち主がいて、六本木に住んでる人もいる、というのがよく分からない。魚屋さんとかあるんだろうか。

DSC_0036

ヒルズからもほど近い六本木三丁目に、なぜか取り残されたエリアがある。ここに蔦のはった廃屋があったのだけれど、さすがに取り壊されていた。
隣の家は人が住んでいるようだけれど、かなり古めかしい。

DSC_0044

六本木のペット屋さんにリスザルがいた。金持ちはリスザルとか飼うのだろうか。確か68万だった。

DSC_0052

リスザルは集団でいるのを動物園などで何度も見ているけれど、間近で見るととても不思議だ。「小さい人」としか思えない。

DSC_0055

連れが「魔法で小さくされちゃった人間」と言っていたけれど、本当にそう思う。手で「わしっ」と掴んでくる感じが人間と変わらない。サイズは赤ちゃん。超高速赤ちゃん。

DSC_0062

猿を見ていると空恐ろしい気分になる。全部こちらのことを見抜いているように感じる。やっぱり近いんだろう。
お猿はあんなに賢いのに、トイレの躾ができない。テレビで芸をしている猿もオシメをしている。これは猿には犬猫と違って決まった場所で用をたす習性がないからだ。
人間も元々決まった場所で排泄する習性はない。だから言葉も話せてかなり賢くなった子供でもお漏らししたりする。むしろお漏らしがデフォだ。
トイレとか掃除とかいうのは、人間にとって、身に付けるのに非常に訓練のいることだ。
プレーリードッグとかが進化して知性をもったら、人間よりずっと簡単に掃除やトイレを身に付けるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする