桐生のスナック街、ナイトラウンジ姫、臨床眼科研究所

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桐生駅周辺。わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の始点であり、JR両毛線の駅でもある。
桐生は絹織物の街として知られる。山がすぐ迫っているためか農地が少なく、郊外型の大型商業施設ができなかったらしい。そのため駅前の賑わいが比較的残っている。
もちろん東京の基準から言えば相当寂しいが、少なくとも死んではおらず、小規模にぎゅっとまとまっている感がある。窮屈ではなく心地よい隙間感で空気がおいしい。
シャッターを下ろした店舗も多いが、ちょっと小洒落たバーや雑貨屋さんなどもちらほら見られる。
北口から東に行ったあたりは細かい路地が入り組み、無数のスナックがひしめき合っている。

追記:
ちなみに普通の居酒屋はそれなりにポツポツとはあるのだけれど、いかにも地元民向けでよそ者には少し敷居が高い。
駅前にチェーン系居酒屋が並んでいて、結局そちらに入ってしまった。

空気の澄んだ朝に飲み屋街や風俗街を歩くと、どこまでも平坦に開けて物語に毒されない世界それ自体の持つ彩りが輝いて見える。
近代建築もちらほら残っていて、大抵は元銀行などだ。


以上4点、ナイトラウンジ姫(CROSS ROAD)。以前にネット上で見てずっと訪れたいと思っていた。この屋上ネオン看板と蔦が美しい。看板では「ナイトクラブ姫」となっている。
他に桐生市仲町2丁目のスナックビルなども見られた。


なんだかちびっこい電気バスみたいなのが走ってきた。

ここからバスで北の方に向かう。


以上6点、臨床眼科研究所桐生眼科クリニック


看板だった筈だけれど読めない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする